« 双子のように | トップページ | マリアに叱られた記念日 »

布団にもぐって

 サムエルとマリアは家に帰ると2階に上がります。寝室のベッドの中に逃げ込んで、布団を頭からかぶって遊びます。それはパパが迎えに来るのを待っているようです。布団の中に入って、パパと「かくれんぼ」をしている気持ちなのでしょうか?それとも「鬼ごっこ」?

 迎えに行くパパは布団を剥いで、二人を捕まえようとします。二人はパパに見つかったことが嬉しいのか、大喜びで逃げ出します。鬼ごっこをする体力もないパパは、すかさず二人を捕まえて1階のリビングへ二人を連れて行きます。こうした鬼ごっこを通して、二人はパパの愛情を確認しているのかもしれません。きっと布団の中で、「パパ早く迎えに来ないかなあー」と二人は言っているのでしょう。
 こうしてパパの愛はサムエルとマリアに届いているのを確認します。

|

« 双子のように | トップページ | マリアに叱られた記念日 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051970/57740170

この記事へのトラックバック一覧です: 布団にもぐって:

« 双子のように | トップページ | マリアに叱られた記念日 »