« 布団にもぐって | トップページ | わー!しまった! »

マリアに叱られた記念日

Cimg4426

 教会から帰宅したサムエルとマリア。教会でたくさん遊んで疲れたのでしょう。テレビを見ながら眠ってしまいました。途中でトイレに連れて行けば良かったのですが、パパもうっかりトイレに連れて行くことを忘れてしまいました。それから2時間ほどして、床が濡れていることに気づきました。「マリアごめんね。パパが起こして連れて行けばよかったのに。」急いでマリアを着替えさせて、床を拭きました。
 夕方ママが帰宅したときに、マリアを膝の上に座らせながら「今日はマリアがおねしょしちゃって・・・」と話し出したら、マリアが大声で怒り始めました。「えっ、これってママに話しちゃいけなかったの?」
 そうです。たとえ6歳といってもマリアは夢見る乙女。自分がおねしょしたことを人に言いふらすなんてとんでもない。ましてママに告げ口するとは、なんてデリカシーの無いパパなのでしょうか。そのようにマリアは思ったかもしれません。
 「マリア、ごめんね。ママに告げ口したんじゃないよ。誰もマリアのこと責めてないよ。」そう言ってどうにかマリアのご機嫌がこの日なおりました。その日は、パパがマリアに初めて叱られた記念日となりました。

|

« 布団にもぐって | トップページ | わー!しまった! »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 布団にもぐって | トップページ | わー!しまった! »